• July 14, 2024

顔のたるみに効果がある治療法

髪の長い女性

自動的に生成された説明

顔のたるみが気になる方へ

年齢とともに気になる顔のたるみ、なかなか自分では改善できないので悩んでしまいますね。

顔がたるむと実年齢より老けて見えるほか、疲れた印象を与えてしまいます。

また、怒っていないのに暗く不機嫌な印象を与えてしまうこともあり、なんとかたるみを改善したいと思っている方は多いのではないでしょうか。

顔のたるみは、種類・部位によって治療法が異なりますが、今では美容医療の施術の種類は豊富にあり、ケア方法もエイジングケア化粧品やエクササイズなど、たくさんの選択肢があります。

そこでこの記事では、ナールス美容医療アカデミーの「顔のたるみに一番効果がある治療法!種類・タイプ別おすすめは?」を参考にしながら、顔のたるみの種類やタイプ別におすすめの治療法をご紹介します。

顔のたるみの原因は?

顔のたるみは、加齢にともなう肌の衰えや皮下組織の弾力の低下、筋力の低下、靭帯(リガメント)のゆるみなど、さまざまな原因で起こります。

また、紫外線ダメージや良くない生活習慣などが顔のたるみを進めてしまいます。

たとえば、肌の真皮にはコラーゲンやエラスチンがありますが、加齢や紫外線ダメージでこれらが減少することで肌の弾力が低下し、たるみが生じます。

また、皮下脂肪が肥大化すると、それが重力に耐えきれなくなることが原因になります。

顔のたるみの直接的な原因と悪影響を及ぼす要因は、大きく次のとおりです。

真皮の衰え
皮下脂肪の肥大化や萎縮
表情筋の衰え
顔の靭帯(リガメント)やSMAS(筋膜)のゆるみ
骨の萎縮
顔のたるみに悪影響を及ぼす要素
加齢、紫外線ダメージ、バランスの良くない食生活、睡眠不足、良くない姿勢、喫煙習慣、不適切な視力のケア

また、原因は一つではなく、多くは複数が絡み合っています。

それぞれのたるみの原因や特徴を理解することで、予防や治療効果を高めることができます。

顔周りのたるみの種類

顔のたるみといっても、部位によって呼び方が違うなど種類や症状が異なります。

1)おでこ・額のたるみの症状

おでこは、表情の癖や視力の低下を補おうとするくせが原因の横長のしわができやすい部位です。
おでこの表情筋である前頭筋が加齢などで衰えると、皮膚を支えることができなってたるみの原因になります。

前頭筋の衰えは、真皮の血行不良の原因になります。そのため、コラーゲン・エラスチンも減り、おでこのたるみを進行させます。

また、頭皮とおでこはつながっているため、コラーゲンやエラスチンの減少、乾燥によるダメージなどで頭皮がたるむと、おでこや顔全体がたるみます。

2)目の下のたるみの症状

目の下のたるみは、目の周りにある眼輪筋という筋力の低下、デスクワークなどによる目の酷使や刺激など、加齢や生活習慣が原因で起こります。

ほかにも寝不足や乾燥、目をこするなどの刺激もたるみを助長してしまうので、生活習慣などに気を配ることも大切です。

目元のたるみは老けて見えるだけでなく、不健康に見えたり、疲れている印象を与えてしまうこともあります。

3)頬のたるみの症状

頬にたるみが生じると顔にボリューム感がなくなり、しわやたるみが目立ってきます。ミッドチークライン(ゴルゴライン)もそんな頬のたるみの症状です。

このようなたるみの原因は、表情筋と呼ばれる筋肉の筋力低下や加齢によるコラーゲンの減少があげられます。

ほかにも、スキンケア不足や姿勢の悪さ、笑顔の減少、生活習慣などが原因となることも。

頬がたるむと、実年齢より老けて見えてしまうので、原因を知ってしっかり対策をおこないましょう。

4)口周り・口元のたるみの症状

口元のたるみは、老けて見えるのはもちろんですが、口角が下がり不機嫌そうな表情になりやすいのが特徴です。また、口回りのしわやほうれい線が目立ちやすくなります。

マリオネットラインも口元のたるみの一つです。

口元のたるみの原因は主に口周辺の筋力が衰えることにあります。

口元の筋力は、老化や生活習慣によって衰えていく傾向にあるので、原因を知って日ごろから意識することが大切です。

5)二重あごや顎下・フェイスラインのたるみの症状

顎の下やフェイスラインのたるみは、姿勢の悪さや皮下脂肪の増加、むくみなど、さまざまな原因で起こります。

リンパの流れや血流の悪化によりむくみが生じますが、むくみは真皮層の機能を低下させてしまうため、たるみを加速させてしまいます。

また、急激な体重増加により皮下脂肪が増えてしまうと、皮膚や筋肉を抑える力が弱まり、支えきれないため、たるんでしまうのです。

二重あごやフェイスラインの崩れは、輪郭がぼやけて見えたり、顔が大きく太って見えたりと実際よりも老けた印象を与えてしまうので、食生活や姿勢などの日常生活を見直すことで予防を心がけましょう。

顔のたるみを改善する効果的な治療方法は?

顔のたるみを改善するには、5つの方法があります。

美容医療
エステティックサロン
エクササイズ・マッサージ
エイジングケア化粧品
家庭用美顔器

中でも、最も効果があるのは、やはり美容医療です。

その理由は、以下のとおりです。

1)皮膚科学や解剖学の知識のある専門家である医師が治療を行う

顔のたるみは、深くなると真皮だけではなく、その奥の皮下組織や表情筋、リガメント、SMASなどの奥の組織が影響を与えることが多くなります。また、骨格が影響を与えていることもあります。

それを改善・治療する場合は、皮膚科学や形成外科学、解剖学など医学的な知識が必要です。

美容皮膚科医や美容外科医は、国家資格のある医師であり特に皮膚科専門医や形成外科専門医の資格がある医師はその知識があります。

2)皮膚の奥のSMAS(筋膜)までアプローチして治療できる

顔のたるみを治療する場合、SMASにアプローチする必要がある場合があります。

美容医療では、フェイスリフトやHIFU(ハイフ)などでそれが可能です。

一方、それ以外の手段では実質的には不可能です。

3)メスを使う、エネルギー機器を使う、ヒアルロン酸注入ボトックス注入など選択肢が豊富

美容医療では、顔のたるみを治療するための施術がたくさんあります。

メスを使う施術、エネルギー機器を使う施術、ヒアルロン酸注人といった施術が中心ですが、最近では薬剤を使う方法、再生医療など、選択肢が広がっています。

そのため、顔のたるみのさまざまな症状や原因にアプローチが可能です。

おすすめの施術とは?

顔のたるみの改善には、美容医療が一番効果的です。

悩みや肌の状態などにあわせて治療法を組み合わせることで、さらに効果を高めることも可能です。ここでは代表的なたるみの治療を簡単にご紹介します。

1)注入治療
ヒアルロン酸注入は頻繁に顔のたるみに治療で行われる施術です。

ヒアルロン酸を注入することで、顔の凹みを埋めボリュームアップさせることでたるみを目立たなくします。

頬やおでこのたるみ、ほうれい線などの治療におすすめです。

2)ハイフ(HIFU)
ハイフ(HIFU)とは、High Intensity Focused Ultrasoundの略称です。
日本語では、「高密度焦点式超音波治療法」と呼びます。

メスを使うことなく、頬のたるみやフェイスラインといった顔全体の治療を行う施術で、最近では人気が高まっています。

皮下組織やSMAS筋膜に超音波を照射して、熱によって皮下組織を引き締めて小顔効果を発揮します。

3)高周波治療
高周波治療とは,「ラジオ波」や「RF」とも呼ばれる高周波の熱エネルギーを出す機器を使ったたるみ治療です。

ハイフとは異なり、熱エネルギーが届くのは真皮層の奥までです。

また、最近では光エネルギーのIPLと、高周波エネルギーのRFの2つを組み合わせて、照射ができるフォトRFやマイクロニードルRF治療器ポテンツァも登場しています。

4)糸リフト
糸リフトはスレッドリフトとも呼ばれます。

特殊な糸を気になる箇所の皮膚の下に通し、持ち上げることでたるみを改善する方法です。

こめかみや頬、フェイスラインなどに糸を挿入し、全体的なリフトアップが期待できます。

5)フェイスリフト

フェイスリフトは、耳周辺の皮膚にメスを入れて筋膜を持ち上げ、余った皮膚を切り取ることでたるみを解消する施術です。

顔全体を引き上げて若々しい印象の顔に近づけられます。

このほか、顔のたるみの改善のための選択肢の一つに、エステティックサロンでのケアがあります。

エステティックサロンでは、顔や体のたるみを引き上げるリンパマッサージや小顔矯正などのハンドケア、エステハイフ、IPL治療、エステ美顔器などがあります。

まとめ

顔のたるみに最も効果的な治療方法として、美容医療について説明しました。

また、具体的におすすめの施術についてもご紹介しました。

顔のたるみが進んでしまうと、セルフケアでは改善が難しいのが現実です。そのため、選択肢が豊富な美容医療が効果的です。

この記事「顔のたるみに効果がある治療法」を参考に、効果的にたるみを改善したいという方は、ぜひお近くの美容クリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *