• April 20, 2024

ほうれい線の対策

手を口に当てている女性の顔

低い精度で自動的に生成された説明

ほうれい線は老け顔の原因!?

ほうれい線は、医学的に鼻唇溝(びしんこう)と呼ばれる頬と口もとの「境界線」です。

通常、20代までは目立つことは少ないですが、30代、40代と年齢を重ねると深くなったり、目立つことが増えてきます。

そして、それが老け顔の原因になってしまいます。

このように、いやなエイジングサインの一つほうれい線は、目立ってからエイジングケアや対策を意識することが多いですね。

でも、ほうれい線は予防することのほうが、目立ってから対策するよりは簡単で、ケアの効果もあるといいます。

そこで、予防のためのほうれい線対策として、ナールスコムの「ほうれい線の症状・原因と予防や改善の対策」を参考に、ほうれい線の原因と予防対策についてご説明するとともに、ほうれい線ケアにおすすめのエイジングケア化粧品をご紹介します。

Alt: ほうれい線が気になる女性の写真

ほうれい線が目立ってしまうのは?

ほうれい線は、数あるエイジングサインの中でも目立ってくると「5歳以上老け顔に見える」ことから、気にする女性が多いお肌の悩みです。

ほうれい線の主な原因としては、以下が考えられています。

たるみ

ほうれい線の主な原因はたるみです。たるみの原因は、真皮の衰えや皮下組織、顔の靭帯(リガメント)、表情筋の衰えです。

真皮の衰え

加齢や紫外線ダメージなどで真皮にあるコラーゲンやエラスチンなどが減少したり、変性します。また、線維芽細胞も衰えます。
その結果、新しいコラーゲンやエラスチンが生まれる量が減ってしまいます。

コラーゲンやエラスチンは、肌のハリを支える成分ですが、これらの質・量が低下することで、顔のたるみが進みます。その結果、ほうれい線の原因になります。

皮下組織の衰え

皮下組織にはたくさんの皮下脂肪があります。

加齢で皮下組織が衰えたり、脂肪細胞が肥大化することで重力に引っ張られて、顔にたるみが生じます。

リガメントの衰え

リガメント(靱帯)とは、顔の骨と表情筋や皮膚をつなぐ貝柱のような繊維状の組織です。
若い時は、流動性のある脂肪を支えて重力に負けないように落下をくい止めています。

しかし、加齢などによってリガメントが衰えると、たるみが生まれます。

表情筋の衰え

表情筋とは、その名のとおり、顔の表情を生み出す筋肉です。

表情筋は、骨と皮膚でつながっていますが、衰えるとたるみの原因になります。

むくみ

血管やリンパ管の衰えによって、老廃物や不要な水分が溜まることで、お肌がむくんでしまうことも、ほうれい線を助長させる原因の一つです。

紫外線による光老化

紫外線による光老化は、ほうれい線をはじめとする肌老化の原因です。

特に、紫外線A波は年中降り注いでいます。だから、冬の紫外線対策が不十分でもほうれい線の原因になるのです

4)肌の乾燥

朝起きた際だけほうれい線が目立ったり、若い方で時々ほうれい線が目立つなどの場合は、乾燥によるほうれい線の可能性があります。

このほか、歯並びや噛み合わせの悪さ、骨の衰え、猫背などの悪い姿勢、急激なダイエットなどもほうれい線の原因になります。

ほうれい線予防の対策を知ろう!

保湿でほうれい線予防

乾燥による浅いほうれい線の対策は、保湿を徹底することです。しっかり保湿すればほうれい線は目立たなくなります。

化粧水ならアミノ酸やプロテオグリカンなどを配合したエイジングケア化粧水などで保湿をしましょう。

また、美容液や保湿クリームなら、セラミド(特に、ヒト型セラミド)をはじめとする保湿力の高い成分を配合したアイテムで乾燥肌の予防や改善を行いましょう。

コラーゲンやエラスチンをサポート

ナールスゲン、ビタミンA誘導体、ビタミンC誘導体、ネオダーミルなど、コラーゲンやエラスチンをサポートする成分を配合したエイジングケア化粧品でほうれい線を予防しましょう。

エイジングケア化粧品で深いほうれい線を消すことはできませんので、まだほうれい線が目立たない年代からエイジングケアを心がけることが大切です。

③紫外線対策

日焼け止めによる紫外線対策でほうれい線を予防しましょう。
また、紫外線のアフターケアとして、ビタミンA・C・Eを食べ物で摂りましょう。

さらに、ビタミンA誘導体、C誘導体、E誘導体を配合したエイジングケア化粧品を外出前後に使うこともオススメです。

このほか、ほうれい線予防のためには、バランスの良い食事、質の高い十分な睡眠、適度な運動、タバコを控えるなど、日常の生活習慣を見直すことも大切です。

また、食べ物だけで栄養素を摂るのが不十分な場合、コラーゲンをつくるサポートをするビタミンCや女性ホルモン様のはたらきを助ける大豆イソフラボン、エクオールなどのサプリメントを摂ることもほうれい線の予防に役立ちます。

ほうれい線対策におすすめのエイジングケア化粧品

ほうれい線の予防におすすめは、ナールスブランドのエイジングケア化粧品です。

ナールス化粧品は、京都大学と大阪市立大学との共同開発で生まれたナールスゲン配合のエイジングケア化粧品。

エイジングケア世代の美肌づくりをサポートしています。

その中でも、エイジングケア美容液の「ナールス ネオ」は、エイジングケア化粧品成分ネオダーミルがたるみケアをサポートし、気になる口元の保湿ケアにも最適です。

また、ノンケミカルのUV化粧下地「ナールス ヴェール」は、敏感肌でも使える優しい処方に加え、SPF50+・PA++++のブロック力で強い紫外線からお肌を守ります。

ほうれい線ケアの紫外線対策にぴったりです。

ほうれい線の美容医療

スキンケアやエイジングケア、日常生活などでほうれい線を予防したり、浅い場合に目立たなくすることは可能です。
しかし、深く刻まれたほうれい線を改善したり、目立たなくすることはできません。

ほうれい線を消すくらい目立たなくするためには、美容医療による治療が必要です。

ほうれい線を改善する美容医療の施術には、次のようなものがあります。
*ヒアルロン酸注入
*ハイフ(HIFU)
*高周波治療
*スレッドリフト
*フェイスリフト
*再生医療

まとめ

ほうれい線の原因をはじめ、ほうれい線予防のための基本のスキンケア、日常生活でできる予防対策などをご紹介しました。

また、ほうれい線ケアにおすすめのエイジングケア化粧品や美容医療についても取り上げました。

目立ってしまうと、5歳以上老けて見られるともいわれるイヤなエイジングサイン ほうれい線。

この記事「ほうれい線の対策」を参考にして、自分に合った対策でほうれい線の予防や改善に努めていただければ幸いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *